I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
だれか小泉首相の詭弁を論破してくれ
いままで不思議に思ってきたことですが、なぜ小泉首相の数々の詭弁をだれも論破できずに今日に至ったのでしょうか。
新聞・オピニオン誌などではそのテクニックを解説し、糾弾したものがあるかもしれませんが、少なくとも国会議員が国会の場(本会議や予算委員会など)で直接論破したーもっと直截的に言えばギャフンといわせたーことは一度たりともないのではないでしょうか。
かなりいいところまでは追いつめても、最後には首相の「わたしはそうは思いません」と言うだけで具体的な根拠を示さない、あるいは「考え方はそれぞれあっていいと思います」などの答弁でまんまと逃げられているのです。そして翌日の新聞紙上には「今回も議論は噛み合わなかった」とだけ載り、時間が経過すれば世間からも忘れ去られる、そういったことがずっと続いてきました。

「健全な議論を戦わせる」というにはほど遠い状況です。年金・失業など待ったなしの問題は山積しているのにほんとうに不毛なことです、時間の浪費です。これでは与野党両者の馴合い政治だと言われても仕方がないのではないでしょうか。
われわれ一般国民もいつのまにか馴らされてしまい、憤りからあきらめの気持ちにかわってしまいました。

たしかに主たる責任は小泉首相にあります。茶化したり、人を食ったような発言は相手をあきれさせ戦意を喪失させているようにみえます。しかしそれで片付けられることではありません。これは追いつめる側(野党)のテクニックのなさに起因するのでしょうか、それとも気概といったたぐいの精神論的な問題なのでしょうか。おそらく論難するための研究や専門家からの助言などはあるのでしょうがまったく実を結んでいません。ひとりの論客をも出せない野党は恥を知るべきです。

くわえて海外のメディアはこういう日本の議会の姿を報じているのでしょうか。先進国と言われてはいるが国会での議論の仕方もわからない未熟な国家だ、とすでに「お里が知れている」のではないでしょうか。そういったことを承知の上で(さらにいえばこれ幸いとして)日本という国とお付合いしているのではないでしょうか。わたしの自虐的な妄想でしょうか。

小泉さんの首相在任中にかれの詭弁がかれの目の前で論破されることを切に希望して、きょうはおしまいにします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。