I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日朝協議、よい知らせをねがう
日本と北朝鮮の対話が再開されます。日本側としては当然拉致問題を最優先の課題として会議に臨むでしょう。しかし、北朝鮮側はいまのところ「解決済み」との態度を崩していないようです。

思えば1年前、横田めぐみさんの遺骨がDNA鑑定によって偽物と判定されたあと、日本では経済制裁の機運が一気に高まり、政府もいよいよ乗り出すかにみえました。しかし、ネイチャー誌によってその鑑定の正当性に疑問が投げかけられると、この件に関してはなぜか両国ともに非難の応酬がそれほどないままうやむやに終ってしまった、という印象があります。北のイチャモンはあっさりしていました。普通ならばこれ幸いと「口撃」できる格好のネタなのにです。あたかも双方で「うまく話をつけた」かのように立ち消えになりました。

それ以来の話し合いですので、成り行きが注目されるところです。
2002年に帰国した方たちや元北朝鮮工作員の証言から総合すると、横田めぐみさんや田口八重子さんは特殊な任務についていた可能性が高いということです。
とくに田口さんの場合、大韓航空機爆破事件の犯人・金賢姫に直結していますし、事件への関与そのものを否定している北にすれば、田口さんはまさにアキレス腱です。

このような機密に関与しているといわれる日本人をおいそれと返せないのは、北の立場に立てば至極当然のことでしょう。日本に帰国すれば、いくら洗脳されているとはいえ、いずれ真実が日本そして全世界中に明らかになるのは時間の問題なのですから。
したがって、この機密を知る拉致被害者はいまでは北にとって厄介な存在と化している可能性があります。
「日本にだけは本当のことを話すから、他の国々には内緒でお願いします」というのは到底無理なことですから、正直に行動するということは全世界に対する無条件降伏に匹敵するのではないでしょうか。金正日は結果としての現体制の崩壊と我が身の処遇がおそろしくてしようがないのではないでしょうか。
だからこそ、「かれらはすでに死んだ」ことにして押し通すのでしょう。世間で懸念するように、小泉首相の最初の訪朝以後、生存していた方を「抹殺」して無理矢理「うそ」に合致させた可能性もあります。

素人でもこの程度の想像は可能なのです。解決の糸口が数日間の話し合いでみつかるのは相当難しいことに思われます。外交のプロたちはどういう腹案をもって臨むのでしょうか。例えば日朝間のなんらかの密約によって、日本国民に知られることなく煙に巻いて(拉致問題を忘れさせて)終らせるという「高度の外交」などはありうるのでしょうか。

拉致被害者およびそのご家族にはたいへん失礼なことながら、金正日の立場に立つと、拉致者被害を抹殺して「死人に口無し」にするのがいちばん都合がいいのではないでしょうか。
不幸にして最悪そういう結果になったとしても、その抹殺の証拠自体をつかむことが日本政府の絶対の使命であることを忘れてはなりません。うやむやな決着をわれわれは絶対に許さないでしょう。
もちろん朗報がもたされることが最大の希望であることはいうまでもありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。