I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
耐震強度偽造:建築業界、耐ウソ強度が低く倒壊しつつあり
いよいよもって、「耐震強度偽造事件」の本来の主役たる(と勝手に思っている)ヒューザーの小嶋進社長の周辺にきな臭さが増してきました。
東京新聞webから抜粋すると

 耐震強度偽造問題を国土交通省が公表する2日前に、元国土庁長官の伊藤公介衆院議員(自民党)が、小嶋進社長とともに同省を訪れ、担当の建築指導課長に引き合わせていたことが26日、分かった。 席上、小嶋社長は公表中止を求めた上で、偽造に関して国の責任を主張したという。伊藤元長官は小嶋社長を「知人」として紹介したことを認め「問題の経緯と今後の対応を話し合うべきだと思った」と説明している。
 小嶋社長は2002年12月と03年12月に、伊藤元長官の政治資金管理団体「東京公友会」にそれぞれ16万円を政治献金。また昨年9月に開かれた同元長官のパーティーの券をヒューザーが計100万円分購入したことも分かった。
 小嶋社長は、イーホームズの藤田東吾社長にも公表しないよう強く求めていたという。

余談ながら、この伊藤さんは予算委員会での自席が質問者のすぐ近くのため、よくテレビに映っている方ですね、たまにヤジなどを飛ばしながら。大臣経験者だったのですね。

あまり印象で人を判断してはいけないのですが、あの小嶋社長にはちょっと胡散臭い、もう少し言うと「ヤクザ入っている」感じがしていました。ですから、この伊藤代議士を仲介にして主張や要求―最大の目的は当然もみ消しでしょうが―をおこなったという報道で、その感をつよくしたところです。いずれにしろ、あのひとの人品骨柄は追々明らかにされてくるでしょう。そして、現在の「善意の第三者」的な立場がくずれ、偽装の大元だとわかればその「叩かれ度合」は相当なものとなるでしょう。

先日、姉歯建築士の、施工業者から鉄筋を減らせと要求された、との証言が報じられていました。今回の事件は、どの業界にも存在するのでしょうが、下流の請負業者の弱さを改めて考えさせるものとなりました。
「もっと減らせ」と言われ従ったのは、この日本で姉歯氏ただひとりだとはとうてい思えません。さらに、実質機能していない検査機関はイーホームズのみではないかもしれません。これが組み合わされれば、ほかにも同様の偽装がある(あった)と考えるのがむしろ自然ではないでしょうか。

連綿と続いた業界の悪い慣習が、「嘘の強度」に耐えきれずついに崩壊しようとしているようにも見えます。
だれに向って言えばよいのかわかりませんが、いま灰色の嫌疑がかかっているひとたちのなかのキーパーソンが自殺したりしないように十分注視しないといけません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。