I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「総研」報道、いよいよ全面解禁へ
連日の強度偽装関連ネタですが、本日発売のポスト、現代とも取るに足らない記事だったようです。先週からの流れをみると、この2誌にくわえて新潮、文春はこの件に関しては圧力に屈しているのか、腰が引けていると見て間違いないでしょう。

とくに文春は、偽装記事ではなく「谷垣財務大臣の売春疑惑」をメインに据えていましたが、これに違和感と言うか唐突感を抱いたのはわたしだけではないでしょう。記事のわりにはスキャンダル化した気配もありません。しかし、売春疑惑は偽装問題と密接に結びついた記事だったようです。つまり、あの時点ですでに政府・官邸は公的資金(税金)の投入を考えていたのですが、財務大臣はそれに反対だったようです。それへの報復、警告があの記事となってあらわれたらしいのです。
これが真実だとすれば、偽装を仕組んだ側と国交省や自民党議員との関係が囁かれているにもかかわらず、文春は政府・自民党の意に添った立場をとった―片棒を担いだ―、つまり激しく追及・糾弾するつもりはないのでしょう。

今日、毎日新聞はついに「総研」への疑惑を1面に載せましたし、昨日のサンプロでは「総研」への追求がまったくなく「これも文春組か」と疑ったテレビ朝日でしたが、今日の昼の番組では一転して「総研」を疑惑の中心にそえる論調にかわったようです。

やっと、先行するネット上のネタにマスコミが追いつきつつあるようです。ここまでくれば、火の勢いはかなり強くて、あわててモミ消そうにも困難な状態まで世間の意識にのぼったと言えるでしょう。
ここでマスコミ陣(上のヘタれ週刊誌は除く)がさらに注意すべきは、これから国が焦点ずらしの目的を含めて講じてくるであろう救済措置にのみ目を向けるのではなく、「総研」ら詐欺軍団追求の手を緩めないようにすることです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。