I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
珍説:WBCはイラク派遣のベースボール版である
WBCのセカンドラウンド、日本ーアメリカ戦で審判の判定ミスがあったようです。8回表日本の攻撃、犠牲フライで三塁走者が還ってリードを奪ったと思った直後、三塁走者のタッチアップが早いとのアメリカのアピールが認められたプレーです。

WBCにはさほど関心がありませんので日本の敗戦自体にはとくにいうべきことはありません。ただ、こういうミスジャッジが大会中に多かれ少なかれいくつか生じるのは仕方がないという前提に立つならば、運営方法にはおおいに疑問を抱かざるをえません。

MLB自身のプレーオフではなく国別対抗と銘打った大会なのですから(とはいえ、実質MLBに牛耳られているのだが)、審判団は対戦当事者以外とするのが最低限必要なことではなかったでしょうか。

アメリカチームの監督のアピールをうけてアメリカ人の主審が判定を覆す、そういった疑惑をよぶ環境はまず排除しておくべきではなかったでしょうか。その後リプレー映像が何を示しているか、審判のスキルはどうか、ということとは別の大前提としてです。

しかし、WBCの眼目そのものがMLBのマーケティングの世界戦略にあるわけですから、彼らにすれば誤審の10や20は大したことではない、それ打ち消してくれるようなプレーを見せてくれればいいのだ、といったところでしょう。まずは世界の耳目を集めるべく派手にイベントを打ち上げることこそが最大の目的だったのでしょう。

アメリカチームの優勝にもあまりこだわりがないのではと想像します。優勝は南米のチームであってかまわない、と。ただメジャーリーガーの絶対数が少ない日本や韓国が勝ち進むことは歓迎しないでしょう。
「このエキサイティングなゲームを演出するプレーヤたちの活躍が見られるのは世界最高峰のリーグ、MLBです」これがWBCを通じて世界(の野球が盛んでない地域)へ訴えたい最大のことなのですから、MLBに所属するプレーヤが少ない日本や韓国に勝ち進んでもらっても意味がないのです。

MLB機構にすればWBCは映画の予告編であり、本編は引き続き始まるレギュラーシーズンをどうぞ、ということです。
日本側もMLBのその戦略はわかっているはずです。「世界一」を目指すなどといった戯れ言でマスコミ・テレビは煽って便乗し、一方日本のプロ野球機構も自国リーグ活性につながればという淡い期待で、不利な条件下にあるのを承知の上で「参加させてもらっている」ということではないでしょうか。

日本にとってWBCはイラク派遣のベースボール版である、という解釈はどうでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。