I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
イタリア:なぜいままでベルルスコーニは支持されたのか
イタリア総選挙は非ベルルスコーニ勢力、中道左派勢力「連合」の勝利によって政権交代がなされそうです。とはいえ現与党は再集計を要求しており、最終結果まではいま少し時間がかかりそうですが。

このベルルスコーニといえば、「メディア支配」「汚職」などネガティブなイメージがまず思い浮かぶのですが、なぜ長期政権(第1期:1994年4~12月 第2期:2001年6月~2006年4月?)が可能だったのでしょうか。

前回2001年の伊総選挙を控えた時期、英エコノミスト誌はべ氏が脱税や汚職の疑惑を抱えた「首相不適格者」であるとして厳しく糾弾したそうです。
そのときの模様を「日本発地球メディア"World Reader"」というホームページが"イタリア国民を敵に回した?英「エコノミスト」誌 "で氏が握っている権力を含めてわかりやすく解説してくれていました。

これによれば、なんでもありの様相を呈しています。ひどいものです。「べ氏への疑惑を調査していた検事が一転して氏の弁護士に」「自身への会計虚偽申告容疑に対し、政権獲得後、会計虚偽の非犯罪化の立法を提唱」等々。

最大の疑問、こんな"汚い野郎"なのになぜ首相の地位にとどまることができたのか。イタリア国民はなぜそれを許していたのか。それについて上記ホームページではこう答えています。

  • ベルスコーニ氏は、普通のビジネスマンがやっていることをやや要領良く、かつ大規模にやっただけだ。そうしないと何も機能しないイタリーでは、仕方のないことである

  • すでにイタリーで最も高額所得者(世界でも14番目)のベルスコーニ氏は、今さら貧しい国民を欺くことはなかろう。むしろ、彼の、立身出世のノウハウを是非政治に生かして、我々もあやからせてほしい。手段がどうでも、生活がよくなればそれで構わない。これができるのは今、イタリアで彼だけである


先ほど40年間逃亡していたマフィアの大ボスがシチリアで捕まったとのニュース"'Top Mafia boss' caught in Italy"が入っていましたが、べ氏敗北となにか連動したものなのでしょうか。

そういえば先日(4月8日)の毎日新聞にイタリアについての興味深い記事が載っていました。題して"イタリア・表層と実像の落差 ユーロ後、露呈する困難"
普段われわれが抱いているポジティブな面だけの国ではないことがわかります。全文を引用して載せておきます。
[イタリア:なぜいままでベルルスコーニは支持されたのか]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。