I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
新庄引退表明:NHKラジオは落語を中断までして速報
昨日(18日)夜8時半過ぎ、聴くともなくラジオをつけていました。合わせていたのはNHK第一、演芸番組の落語がかかっていました。
するとそこにスタジオのアナウンサーの声がかぶさってきました。

「番組の途中ですが、日本ハムの新庄剛志選手が、今夜東京ドームで行われたオリックス戦で」
ここまで耳にして、次の言葉が発せられるまでの一瞬のあいだに「死んだのだな」とわたしは直感的に思いました。
新庄が病気であるとも入院しているともきいていませんでしたので、試合最中に死んだのだろうか、脳溢血かなにかだろうか・・・そういう考えが瞬間的にあたまの中を駆け巡りました。
続くアナウンスはこうでした。
「今シーズン限りでの引退を明らかにしました」

落語を遮ってまで速報すべき内容のニュースでしょうか。
これを、地震情報や天候の警報発令、事故による道路閉鎖のときに流す緊急性のあるニュースと同等のものと判断したNHKの責任者の思考をおおいに疑いたくなります。

この後に続く10時のニュース(ラジオ)では、ヘッドラインで耐震強度偽装や光市母子殺人事件の裁判などを並べたあと、本編のトップニュースはこの"新庄引退表明"でした。いつもの"目立ちたがり精神"満載の引退表明の肉声(今朝、ヒーローインタビュー時のものと知る)を流し、彼の1990年のドラフト選出から始まり阪神タイガース、大リーグ(3シーズンも過ごしたのですね)と経由してきたプロフィールを紹介していました。

今回のこのNHKの一連の扱いはとてもまともなものとは思えません。あくまでスポーツコーナーで扱うニュースのひとつであり、ラフに言えば「せいぜいその程度のネタ」でしかないでしょう。

最近よく目につくのですが、NHKはまたもニュースの軽重を著しく誤って判断した、その一例だったと思います。
ラジオとはいえ新庄引退表明を速報するとは、かえすがえすも異常な出来事ではないでしょうか。落語ファンも怒っていることでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。