I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スタンダール「赤と黒」:読後メモ
本日スタンダール著「赤と黒」(鈴木力衛訳)を読み終えました。わたしが今までに読んだミステリや推理ものを除いて、世界文学全集の類いの選に洩れることは無いような、海外の古典作品のなかでは最も長編のものでした。

「おもしろかったか」と問われれば、「それほどでも」というのが正直なところです。以下、"2時間でわかる世界の名著"にあるあらすじを借りて、わたしの感想を記しておきます(あらすじはイタリックで、かつ気になる部分はボールドで表示)。
[スタンダール「赤と黒」:読後メモ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。