I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本代表:1998フランス大会でもキャンプ地で市民と交流していません
FIFAワールドカップ、日本の第2戦のクロアチア戦は0-0の引き分け。予選突破なるか否かは第3戦まで持ち越しとなり、少なくともそれまでは世の中の高テンションは継続することになりました。

ところで昨日日本は緒戦に引き続き現地15時(日本時間22時)開始の試合となりました。15時のゲームが2戦続くとは、酷暑の中だっただけにとくに目についたこともありますが、そんなチームは他にはないのではないかと思い調べてみました。

まず、予選リーグの最終第3戦だけは同グループ内で同時刻開始(現地16時か21時)ですが、第2戦までは規則性・公平性はなく現地15時、18時、21時のいずれかとなります。暑い日では後になるほど良いコンディションで試合に臨めるでしょう。

ラウンド16以降も含め日程は大会開催前から決められています。当然スケジュールを組む段階では決勝トーナメントに勝ち上がる国はわかりません。ベスト16確定後に試合時刻を組みかえる、ということもありません。第3戦は上述のようにグループ内同時刻開始という"縛り"があります(開催国ドイツでさえ第3戦は16時開始)。よってカネと引き換えに何らかの手心を加えられた(無理を言えた)のは1、2戦のスケジュールではなかったでしょうか。

1、2戦とも15時開始となったのは日本のほかはどうもセルビア・モンテネグロだけのようなのです。
日本戦について当然想像できる――というより、確固たる事実だろうが――のは、日本時間での22時が放送局に最も都合が良い、つまりはスポンサーのため、つきつめれば広告代理店のためだったということです。

この時期のドイツの酷暑は異例の気象状況なのかわかりませんが、広告代理店はそんなことには頓着することなく15時の"マッチメーク"を敢行したのでしょう。
皮肉にもそれが、勝敗は別にしても、日本代表のパフォーマンスを低下させるおおきな要因になろうとは...。
反対した経緯があるのかもしれませんが、最終的にこの方針に従ったJFAは選手よりも経済(カネ)優先の考えに同意したといわれても仕方がないでしょう。

閑話休題。以下が今日の本題です。
[日本代表:1998フランス大会でもキャンプ地で市民と交流していません]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。