I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
読書きについて余談:「ミタル」と「カカ」
今朝の読売新聞の社説"[鉄鋼大再編]急務になった『合併基準』見直し"の書き出しはこうでした。

 巨大企業の誕生は、日本の鉄鋼業界にも衝撃だろう。

 鉄鋼世界首位でオランダ籍のミッタル・スチールと、2位でルクセンブルク籍のアルセロールが合併する。アルセロールがついにミッタルの買収提案に応じた。

「ミッタル」?「ミタル」ではないのか。少なくともわたしが「ミッタル」という表記を目にしたのはこれが初めてでした。

Wikipediaで「ミタルスチール」の項をみると「Mittal Steel Company, ミッタルスチールとも」とあります(「ミッタルスチール」を引くと説明の本文はなく"→「ミタルスチール」"とリンクされている)。

つづりが「mittal」ですから、発音は「ミッタル」の方がより正確のように思えます。ただ世間的には「ミタル」が幅を利かせているのは間違いないのではと思い、ググってみると

  • 「ミタル・スチール」 35,500件

  • 「ミッタル・スチール」10,100件

という検索結果となりました。単純な比較ですが、ここからは想像していたほどに圧倒的な差ではないことがわかりました。
まあここは、読売なりのこだわり、として理解しておきましょう。

蛇足ながら、ブラジル代表のカカのことをおしなべて「ヵカー」的にアナウンスしていますが、それなら表記もせめて「カカー」にすればよいと思うのですが。

さらに蛇足ながら、思い出したことを記しておきます。
ジャマイカ音楽の"Reggae"。いまでは「レゲエ」で通っていますが、当初はこれをどう発音するのかわからなかったらしく、わたし所有の「MUSIC MAGAZINE 増刊 スペシャル・エディション1」の「1972年7月号 レガエのこと、カリプソのことなど」の項で中村とうよう氏はこう書いています。

このスペルを何と読むのか、誰もチャンとしたことを教えてくれないので、ぼくはローマ字どおりレガエと発音しているが。レッギーとかレゲーとか、人によっていろいろに読まれている。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。