I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
NHK:7時のニュースになんでヤワラでてくんねん
まったくもってNHKは次から次に突っ込むネタを提供してくれます。完全におかしくなっているようです。

昨日夜7時のニュースになんと「谷亮子の出産退院」を組込みました。周りを囲んだ芸能リポーターによるお約束の甲高い「おめでとーございまーす」の合唱で迎えられる谷登場の場面から見せていました。

災害に遭遇した臨月の妊婦が無事出産したといった出来事は報じてしかるべきニュースでしょう。
しかし「NHK夜7時のニュース」で有名人の出産を報じるのは如何にも違和感があります。実際、皇族以外の例を思いだせません。いくら「五輪金メダリストで、今も現役で、次期も狙っている女性アスリートの出産」という(もしかして)「前代未聞」の出来事だったとしても「7時」で扱うネタでしょうか。昨日は「拉致」「大雪」「経済三団体の新年会」などを報じていましたが、世界規模の大ネタである「シャロン首相重篤」にこそもっと時間を割くべきではなかったでしょうか。

放送の際、どの部署が決定するのかわかりませんが「谷、出産退院」の枠を組込んだことは、良し悪しは別にして、ある一線を越えたという意味で「画期的」な事だったのではないでしょうか。
その谷夫妻ですが、夫の佳知は命名について「お父さんお母さんの一字一字で○○とつけました」といっていました。「お父さんお母さん」とはなんですか、「一字一字で」とはなんですか。「私たち夫婦の名前から一字ずつとって..」といった表現ができないのですか。亮子も出産の感想の中で「おかあさんってすばらしい」といっていましたが、母親全般というより自分を指しているように聞こえました。

「アホ夫婦の会見」と「シャロン」、一日のニュースとしてどちらが重要ですか。事の軽重をまったく見誤っているとしか思えません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。