I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Apple:ついにIntel搭載Mac発表
ついにApple ComputerがIntel搭載機を発表しました。当初、最初の発売は2006年6月とアナウンスされていただけにかなりの前倒しとなりました。

ノートは"PowerBook"から新たに"MacBook Pro"と名称を変えたようです(もはやPowerプロセッサを使ってないのですから当然と言えば当然ですが)。発表されたもう一方の"iMac"はそのままですから、このあと登場する"iBook"もそのままと予想できますが、"PowerMac"はどう変わるのでしょうか。

PC/AT互換機-Wintel軍団に敢然と立ち向かっていたApple Computerを象徴する"Power"の冠が名称からなくなることに一抹の寂しさを覚えます。Powerプロセッサ搭載という意味以外に、その単語の通り「力強さ」を感じさせ、かつシンプルで秀逸なネーミングだと思っていました。

いままでAppleのマシンはプロセッサの動作周波数ではたえず遅れをとっていたものの、ベンチマークによる性能ではWintelを凌駕しているという「宣伝文句」を頼もしくながめていましたが、今後プロセッサについては同じ土俵に立つことになり、そういったことで溜飲を下げることはなくなってしまいます。

ここ数日中に詳しい内容が明らかになるとは思いますが、わたしの最大の興味は、既存のPC/AT互換機にOS Xは載らないはずですから、ハード上どのような独自設計になっているのかということです。関連して、BIOSのようなダサイ仕掛けは使っていないとは思いますが、それに相当するものがあるのかも知りたいところです。

わたしがIntel版Macを手にできるのは果たしていつになるかわかりませんが、楽しみは後にとっておくということでひとまず納得しておきましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。