I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
伊藤公介:完全に網に掛かったようです
まずは、まえのエントリ「諏訪の男児行方不明(「食事与えた」ウソ女の事件)、未解決の怪」で触れた事件ですが、「長野・岡谷の小5男児不明:龍櫻君、遺体で発見--諏訪湖」という結果となってしまいました。残念なことです。

さて、あすがヒューザー社長・小嶋進氏の証人喚問という段になって「ヒューザー物件、元国土庁長官の三男が管理」というニュースが飛び込んできました。これではいかに自民党といえどもこれ以上伊藤公介議員を庇いとおすわけにもいかず、彼の参考人招致または証人喚問は間違いないところとなるでしょう。

ヒューザー関連の話題からは離れますが、この記事によると「伊藤元長官の三男が社長の会社には伊藤元長官の妻や公設秘書を務める二男が役員に就任している」とのことです。中小企業の社長が自分の妻を「専務」などに就かせているのと同じことを、恥ずかしげもなくやっている代議士がいまもしっかり存在するのです。さらに、一時期大問題になった身内を公設秘書として使うことの自粛の動きも結局は絵に書いた餅だったことも明らかになりました。おそらく与党に限らず野党もそうだと思いますが、残念ながら「喉もと過ぎれば...」の例えどおりです。こういう事があるから政治不信に歯止めがかからないのです。

小嶋社長の喚問が終ったら、早速伊藤公介を叩かねばなりません。そしてそれを庇ってまで隠蔽したがった自民党の暗部をさらけ出し、大スキャンダルにして与野党ともに今も巣食う「ワル」を一斉にあぶり出しましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
西洋占星術でみる人生の大転換期 どんな事があろうと目的を達成させる運を持っているが、正道を歩んでこそ達成される 独特の仕事の仕方
2006/01/23(月) 12:44:01) | ニュース&トピックス - スプリングポイント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。