I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
権力と闇世界の癒着:ホリエモンも安倍晋三も
いわゆる闇の世界の人たちは、当り前のことですが、テレビなどに出て人気ものになることはありませんし、まず週刊誌あたりが相当覚悟を決めて記事にしたときを除いてその実態をわれわれが知ることはありません(新聞・テレビが先陣をきることは「ない」と断じてよいでしょう)。われわれ「堅気」のほとんどは、日本の政治や経済をはじめ様々の中枢に巣食っている「闇世界」を実感することなく日常生活を営んでいます。

その同じ日常生活のなかで、われわれが操作されているのか否かは別にして、昨今、政界・経済界の人気ものをはやしたててきました。各々の代表格が官房長官・安倍晋三とライブドア・堀江貴文です。そしてこの両人とも「闇世界」と密接につながっているらしいのです。
以下、「表」では報じられない、おもにネット上の情報についての感想です。もちろん真偽は定かではありませんが、はなし半分としても一読する価値はあると判断しました。

堀江については、いま株の不正取引きや粉飾決算の捜査が進行中ですが、東京地検特捜部の本来の狙いは株取引きの資金元となった暴力団のアングラマネーだともいわれています。だからこそ、堀江と「密月」関係にある自民党に遠慮することなく敢行できたのだと。具体的にはライブドア傘下のダイナシティをめぐる疑惑です。ライブドアには以前からこのスジとのきな臭い噂が何度かたっていたようです。プロ野球参入に名乗りをあげた時、ナベツネこと渡辺恒雄は堀江を痛罵して拒否しましたが、いま思うと、感情だけで発言したのではなく実態としてのライブドアのいかがわしさをあの時点で具体的に知っていたのかもしれません。

安倍の、拉致、靖国の問題での中韓への毅然とした物言いをわたしも当初は好意的に評価していました。HNK・朝日問題のときも安倍の発言を支持しましたが、振り返ると単なる「ひいき」に過ぎなかったとも思えます。ポスト小泉としての世論の彼への圧倒的な支持の源は従来の土下座外交払拭への期待と見た目のスマートさだと思います。しかし、あるサイトでは、「強硬派」なのではなく単なる「国粋主義者」なのだといいます。彼もまた地元では暴力団とのつながりがあるようです。また最近ではヒューザー・小嶋への口利きにも名前があがっています。こうなってくるとこの人も従来型の自民党議員の典型にみえてきます。さらに、偏見を承知で言えば、祖父・岸信介、父・安倍晋太郎両名が東京帝国大学法学部出身でありながら、その血を引くプリンスが成蹊大学法学部卒とは一段落ちどころの話ではありません。うがった見方をすれば、つまりは父祖の「地盤」を引き継ぎ、父祖の「威光」で身を処しているだけの幻影ではないかと思えてくるのです。われわれは手遅れになるまえに、小泉劇場型政治、すなわち見た目・イメージで支持を集める手法に一刻も早く気付き、そこから脱却すべきではないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。