I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
WBC:オーバーヒート気味にみえるのですが
MLB機構としては最悪のWBCファイナルを迎えることになりました。よりによって最もメジャーリーガーが少ない組み合わせ(両チームで日本の二人のみ)になったのですからMLBの思惑まるつぶれです。

運営上の瑕疵が大いにあると報じていた新聞各紙ですが、日本の決勝進出が決まったことを一般紙でさえも一面で取り上げています。ウソくさい大会であることを一方で指摘しながらおかしなことをするものです。そもそもトップにすべきネタなのでしょうか。

この大会の性格としてはプレーオフよりも日米野球に近く、あくまでも"イベント"の域をでるものではない、とわたしは思っていますが、しかし大会がはじまるや、日本では視聴率をとっているようです。
対して現地アメリカでの注目はWBCよりもNCAAバスケットボールトーナメントであり、盛り上がりには欠けているといわれています。

今回キャンプを十分に行えずにシーズンインすることで、ペナントレースにどのような影響がでるか、あるいはでないか。それも次回開催の有無に影響するのではないでしょうか。MLBの有力チームではプレーオフ進出できない理由をWBCに帰するオーナーが出るかもしれません。

いろいろな不公平がいわれるなか、開催国をアメリカ以外にすることはあるのでしょうか。わたしはその可能性はないと思います。治安が心配な南米で?極東という最果ての地で?ヨーロッパでお客呼べるか?
アメリカのスーパースターたちを国外に長期間滞在させるなど考えられません(所属チームが絶対許さないでしょう)。ましてやシーズンを目前にしてです。
これから推せば、開催は常にアメリカとなります。不公平の最たるものです。

もし次大会も開催されるとなった場合、第一回の優勝国がメジャーリーガ輩出の少ない国であれ、MLBの主導が揺るぐことはないでしょう。それに対して日本も結局は強硬な態度をとることもなく参加することになるでしょう(前回優勝もしくは準優勝国としてはなにをおいても参加は当然という世論になるでしょうし)。

ファイナルへ残ったこと(それも大衆うけするドラマチックな経緯で)は果たして日本にとって良かったのか悪かったのか。初めての大会で一定以上の成果を残してしまったことが、今後、大会の本質と参加の意味を改めて論じる雰囲気を結果的に封じることにならなければよいのですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。