I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Liverpool win the Champions League
昨夜というより今日未明に、ヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝(ACミラン-リバプール)がおこなわれたようです。わたしもWOWOW放送当時は見ていたのですが、いまは放映権がCSに移り見られなくなりました。勝ち上がりの情報はおもに新聞紙上で知るのみで、決勝カードも魅力的なチーム同士だとは思っていましたが、決勝のスケジュールなどすっかりわすれていました(知っていればBBCのインターネットラジオで生中継を聞くことも可能だったのですが)。
ゲームそのものは劇的なものだったようです。前半3-0でミランリード。ふつうならばもう「決まり」でしょう。しかし、ハーフタイムでの監督の鼓舞と選手交代が功を奏して後半「5分間に3発」で同点に追いつきました。延長戦はミランが支配し、とくに終了3分まえにはシェフチェンコ(Andriy Shevchenko)のヘディングが決定的だったのですがセーブされたようです。PK戦ではリバプールのキーパー・デューデック(Jerzy Dudek)の活躍によりPK3-2でリバプール21年ぶりの優勝がきまったとのことです。
おめでとうリバプール、Paul、Ringo(?)

劇的・奇跡といえば1999年でしたか、マンチェスターU-バイエルンミュンヘンの決勝戦もロスタイムでの同点・逆転弾(ManU優勝)というすごいゲームでした。
個人的な希望としては、つぎはW杯でイングランドの優勝をみたいものです。

冒頭の放映権ですが、WOWOWは開局当初からスポーツ中継に力を入れてきましたが、パーフェクTVがあらわれて以来「おいしい」コンテンツの争奪戦にやぶれ撤退することが多くなりました(セリエA、ブンデスリーガ、NHL)。わたしも最近は月額料金ほどはWOWOWをみていないような気がしますが、CSへの移行もなかなか思い切れないでいるところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。