I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ルーニー退場:しかし、真のヒールはC.ロナウド
準々決勝以降のイングランドの過去を払拭する勝利の旅、というわたしの希望はその最初のステップで儚くも打ち砕かれました。

問題のルーニー(Wayne Rooney)退場の場面を含め、あの試合の最中、プレーヤや監督はどんなことを喋っていたのか、読唇術を使った興味深い記事"What was said as forward saw red"(Times online)がありました。
以下、ほぼ全文を掲載します。

3.58pm David Beckham issues a rallying call to Frank Lampard before kick-off. "Fight, come on," he urges. "Let's go for it."


7min 57sec Lampard sends pass out of play. "That one was really bad," Sven-Goran Eriksson whispers to Steve McClaren.


24:16 Wayne Rooney's frustration is mounting. Heads ball bravely and receives boot in face from Tiago. Shouts angrily at assistant referee. "Hey, f*** it,f***ing hell, f*** it." No free kick awarded.


51:00 Beckham leaves pitch injured. Wife Victoria, sitting in stand, shows concern. "I hope he's OK," confides a friend.


60:46 Rooney meltdown. Collects pass from Lampard, chests ball down, possibly fouled from behind by Ricardo Carvalho. Grapples with Carvalho, now on ground, and Petit. Stamps on Carvalho's groin. Horacio Elizondo only two paces away.


60:55 Cristiano Ronaldo joins melee. Rooney pulls him away and says: "Hey, you're just a f***er, right."


61:07 Rooney further pleads innocence to Maniche. "Well, I didn't do anything, did I?" he insists.


61.09: Elizondo reaches into pocket and brandishes red card. Rooney's plea to him ― "Eh, listen, eh" ― proves fruitless.


61:12 Rooney hangs head in disbelief.


61:18 Starts to walk off. Momentarily pauses when Portugal player says something to him. "Eh, for f***'s sake, just f*** off," he replies.


61:24 Goes back to approach Elizondo. Pushed away by Rio Ferdinand. Starts to walk off again, mumbling "w*****" to no one in particular.


61:33 Finally leaves pitch, bumping into Portugal physiotherapist on way.


62:05 Ronaldo strolls to touchline for water. Winks and smirks in "job done" fashion.


81:35 Lampard prepares to take free kick in Beckham range. "Oh, f*** it, for f***'s sake," Beckham, sitting on bench with feet up, moans.


5.59pm Eriksson imparts his wisdom in team talk before extra time. "All right . . . come here . . . go on . . . get on now . . . do it."


6.34pm Penalty shoot-out starts.


6.37pm Owen Hargreaves scores spot-kick. "Yes. Did it." He punches the air.


6.40pm Jamie Carragher scores penalty but is ordered to retake it. Misses second attempt. "Oh s***," McClaren muses.


6.41pm Ronaldo scores penalty. Eriksson and McClaren comfort players, Ferdinand and John Terry blub. Camera fades away, back to the studio. Another dream is over. F***ing hell.


  • This piece was written with the help of Jessica Rees, a professional lip-reader

  • (61:24の"w*****"は「weirdo」でしょうか)

    " Eriksson urges restraint in treatment of Rooney"(Independent)よれば「マンチェスター・ユナイテッドでのルーニーの同僚であるロナウド(Cristiano Ronaldo)はルーニー退場後、『やったぜ』とでもいうように自国ベンチにウィンクし、チームメイトもサムアップで応えていた」とあります。英国民の多くの怒りはロナウドに向っていて、マンUへは戻って来るな、といった雰囲気になっているようです。

    最後に、しろうとなりの分析ですが、イングランドの最大の誤算はオーエン(Michael Owen)の離脱でしょうか。そのため"本当に信頼できる"フォワードはケガから復調はなったものの、ピークにはほど遠いルーニーひとりだけとなり、慣れない1トップのフォーメーションを選択せざるを得なかった。つまりはフォワードの層の薄さが祟ったのであり、代表選考時点の誤りが最後にツケとして回ってきた、といえるのではないでしょうか。
    クラウチ(Peter Crouch)、ウォルコット(Theo Walcott)どちらかの代わりにデフォー(Jermain Defoe)を選んでいれば、少なくともルーニーの1トップということにはならなかったのではないでしょうか――いまさら言っても詮方ないことではありますが。

    試合後のカンファレンスで、"He is the golden boy of English football. Don't kill him, I beg you, because you will need him."とルーニーを擁護した監督エリクソン(Sven-Goran Eriksson)の言葉を、ルーニーは意気に感じてほしい――と、いかにも日本的な情緒に訴える発想ですが、そう思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。