I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「天国から来たチャンピオン」のジャック・ウォーデン氏を悼む
毎日新聞の訃報欄を何気なく見ていて、「ジャック・ウォーデン、米俳優」となっているところを読むと、文中に「天国から来たチャンピオン」という箇所が見えました。

おお、あのLos Angeles Ramsのコーチ役だった方ではありませんか。横に添えられた、少し若い頃の写真からも間違いありません。「天国から来たチャンピオン」、原題"Heaven Can Wait"はわたしのなかでは五指に入る、忘れられない作品です。
この作品は1978年公開ですが、わたしが観たのは名画座ででしたから80年台前半だったでしょうか。この作品が主目的で観に行ったのかさえ失念してしまいましたが...。

コメディータッチながらも泣かされる映画でした。たとえば、富豪の肉体を借りて生き返ったウォーレン・ビーティー(Warren Beatty:この作品の頃は"ベイティー"と表記し直される前)演ずるクォータバック、ジョー・ペンドルトンがジャック・ウォーデン(Jack Warden)演ずるコーチのマックスに、肉体は変わったが自分だということをわからせようとする場面。

最初は「おれだ、ジョーだ」と言うこの富豪に対して、「へたな冗談は止して下さいよ」と聞く耳を持とうとしなかったのですが、ジョーの得意だったクラリネットの演奏や特製ジュース、手荒い首のマッサージなどでとうとうジョーの生まれ変わりだと信ずるに至ります。

その後富豪の肉体のままペンドルトンはスーパーボールへ出場しますが、途中で怪我(あるいは致命傷だったか)により今度は控えクォーターバックへ乗り移ります。その後このクォーターバックは大活躍を演じるのですが、マックスにはジョーであることがわかっていました。わたしの記憶が正しければ、そのときの場面はこうではなかったでしょうか。

フィールドの向こうとこっちとでジョーとマックスの目が合います。スタジアム内興奮に包まれ騒然とした中なので、発した言葉は聞こえません。口の形だけのやり取りの場面です。「You, Joe ?(ジョーだろ)」「Yeah」。

試合終了直後はジョーとマックスはいままでの関係のままに会話していました。しかし、今後はその肉体で生きることをジェームズ・メイスン(James Mason)扮する神様(あるいは天国への案内人だったか)に決められ、ジョーとしての記憶は消されてしまいます。
最後のロッカールームでの場面、マックスが今まで通り「ジョー」と呼びかけますが、「ジョーって誰だい?おれは○○だよ。マックス、疲れてるんじゃないかい」「ジョー....」。マックスの立場に立つと本当に切ない場面でした。

この作品でジャック・ウォーデン氏はアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたそうです。そうでしょう、わたしもジョーではなくマックスにこそ泣かされたのです。
最後にジャック・ウォーデン氏のご冥福をお祈りします。また時折「天国から来たチャンピオン」でお目にかかります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/18(木) 16:15:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。