I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
NHKがかわった:「秘密結社」を解説
本日夕方のラジオでアメリカの「秘密結社」がとりあげられていました。ネタもネタなのですが、放送したのがNHKだったこと、それも第2放送ではなく第1の「ラジオ夕刊」という堂々たるニュース番組のなかだったのです。タイトルから受けるわたしの印象は、UFOや超常現象などの「トンデモネタ」と同列であり、民放ならありうるだろうな、というものだったので、NHKが扱ったのには驚きました。(実際の内容はもちろんキワモノではありませんでしたが)
放送は6時半過ぎから10分間ほどの特集だったのですが、明治大学の越智道雄という教授の解説でした。いまそのときメモった単語をネット上で調べながら書いているのですが、この方「その道」の第一人者のようです(というよりアメリカ通と言ったほうがより正しいでしょうか)。
話題にのぼっていたなかで「フリーメーソン」についてはわたしも少しは知っていましたが、エール大学の「スカル・アンド・ボーンズ」(Skull and Bones)や、「フォーリン・アフェアーズ誌」(Foreign Affairs)が「CFR」(Council on Foreign Relations)というシンクタンク型の秘密結社の出版物であることは初耳でした。

これらの構成員はいわゆるエリートであり、その始まりはヨーロッパからアメリカにわたったピューリタンの建国による「神権国家」化することを防ぐためであったこと、また現在は多国籍企業と軍産複合を推進する大きな原動力となっているらしいことがわかりました。かたやこれらの結社を陰謀史観としてとらえる一派も存在し―この構図を越智氏は両者の「相克」と表現していました―話は現ブッシュ政権下での「ネオコン」と「キリスト教右派」の関係まで言及されていましたがこの辺はよく理解できませんでした。
(メモを元に書きましたので誤りがあるかもしれません)

思いがけないきっかけで興味をもった「秘密結社」ネタですが、暇があればもう少し調べてみようと思います。

自分用覚え

  • 日本の真珠湾攻撃の時期にCFRは戦後のドイツの占領政策について研究をはじめていた
  • CFRによると、今後の中国・インドの台頭により世界の中心は西側からアジアへスライドし、1600年代ごろの地勢に似てくる
  • アメリカ歴代大統領のうち25人はフリーメーソン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/06/29(水) 23:26:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。