I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「毎日新聞」朝刊1面:小泉さんの写真カッコ悪ぃ
(地域によって異なるかもしれませんが)今朝の毎日新聞の1面にアメリカ・ライス国務長官と小泉さんの会談中の写真が載っていました。おそらく意図的であろうと思われるのですが、小泉さんの不恰好な姿があえて選ばれていました。両者はそれぞれソファーに座って対面しています。ライスさんはきれいに足を組んでいます。小泉さんは足は組んでなく、両足を完全に床から浮かせています。靴の底まで写っています。なにか会話の途中でウケて反り返ったような-たとえればそんなときにしそうな-格好です。さらに口元が自分の腕にかくれてしまい表情がよく見えません。こういうのは素人からすると当然ボツ写真だと思うのですが、それをあえて載せたのは悪意が底にあったからと解釈されてもしようがないのではないでしょうか。わたしはアンチ小泉なので溜飲を下げたのですが、一般的に「大新聞社」の所業としてはいかがなものかとクビをかしげる次第です。(以前も毎日は小泉さんに対し同様のカッコ悪い写真を使ったと記憶しています)

閑話休題。「天下り」「談合」、この国はなんど同じことを繰り返すのでしょうか。事件が発覚し、糾弾され、「天下りは禁止します」で数年間は収まったようにみえてまたぞろゾンビの如く復活する。昨日の「クローズアップ現代」に近藤剛・道路公団総裁が出演していましたが、国谷キャスターのツッコミにたじたじでした。まあ、彼も小泉さんに参議院議員から抜擢されて(というより「火中の栗を拾」わされて)同情すべき点もあるのですが、ここは悪習慣に染まっていない外部の人間としてバッサリと真の改革を断行するしかないでしょう。

わたしたちは、中国の汚職のひどさをとりあげてかの国の未成熟さをあげつらい「バカ」にすると同時に「まだまだ日本には及ばない」と安心材料にしていますが、これでは「目くそ鼻くそを笑う」のたぐいです。ほかにも人身売買でもっとも悪質な国と指摘され、これでは「先進国」だとはとても恥ずかしくていえません。よその国のことを言う前に「先ず隗より始め」るべきことはまだまだたくさんあるはずです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。