I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
本日も朝日の社説は快調です
今日の朝日新聞に「公明党 影の薄い今こそ」と題する社説が載りました。
一部を引用すると

 公明党は自民党と連立を組んで6年になる。振り返ってみると、イラクへの自衛隊派遣など自民党との協調、協力ばかりが目立つ。残念ながら、公明党らしさを発揮できたとはとてもいえない。

 靖国神社への首相参拝の中止。新たな戦没者追悼施設の建設。永住外国人への地方参政権の付与。企業・団体からの迂回(うかい)献金の禁止……。せっかくこうした独自の主張をしても、自民党は取り上げようとしなかった。

 連立は「政権参加」だけが目的だったのではないか。だから自民党に足もとを見透かされているのではないか。こう思わざるを得ない場面も少なくなかった。(*1)

 そこに、この選挙結果である。自民党は、憲法や教育基本法の改正などこれまで公明党に配慮して控えてきた動きを本格化させるかもしれない。

 公明党の支持母体である創価学会は、戦時中に宗教弾圧を受けた。その苦い経験から憲法や教育基本法の改正などに抵抗感が強い。支持者の期待に応えるためにも、公明党はこうした問題に無神経であっていいはずがない。(*2)

 衆院では数が減ったとはいえ、小選挙区の選挙で自民党を下支えしたのは公明党だ。参院での与党多数は公明党の協力があってこそだ。自民党に少しも遠慮する必要はない。

(*)は引用者が付加しました


(*1)
「こう思わざるを得ない」どころではありません。まさにそのとおりなのであり、政権にあることが大先生をお守りするという究極の目的に合致するのであります。(神崎代表の口調をお借りしました)
朝日もそれを重々ご存知でありながらこのようにしか書けないのですね。

(*2)
「戦時中に宗教弾圧を受けた」などとお庇いになって。たしかにそういうときもあったかもしれませんが、今は押しも押されぬ「大カルト集団」であることにはまったく触れられていませんね。

わたしのような者でも「引っかかった」社説ですから、もっと激しい反論が多くのブログや雑誌で発信されるのはまちがいないでしょう。
しかし、自分でははっきり非難できない事情があるために、あえて世間からの批判を呼び込むためツッコミやすい主張を朝日様は展開したのではないでしょうか。しろうとなりにこうヨミましたがいかがでしょう。
同日の社説のもう一つ「大相撲 多国籍化は面白い」も無理矢理外交に結びつけており、これも朝日様の面目躍如といったところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。