I have something to say
わたしが近ごろかんがえていることを徒然なるままに...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
WorldCup欧州予選通過の「2位のうち成績のよい2チーム」とは
FIFA World Cup 2006のヨーロッバ予選のグループ内のリーグ戦が終了し、まずは各グループ1位の8チームと2位チームのうち上位の2チーム、計10チームの本戦進出が決まりました。ここで「2位チーム中上位の2チーム」とはどうやって決まるのかがわかりませんでした。グループ構成が6チームのものと7チームのものが混在していますので、当然7チームのグループのほうが試合数の多い分勝ち点が増える可能性が大なのです。 そこでネットで調べてみると、「1位との直接対決の結果で決まる」というのがありました。しかし下のケースに当てはまりません。

グループ順位チーム勝点対1位チーム
22トルコ23ウクライナに1勝1敗
62ポーランド24イングランドに2敗
結果はポーランドが「2位チーム中上位の2チーム」に入った

さらに調べていってとうとうわかりました。やはり本家本元のFIFAの情報がいちばんです。"An armchair guide to who goes tdrough"に書かれている内容を要約します。
  1. 7チームのグループは最下位をカットし、6チームでの対戦で再集計します。その上で各組2位チームの勝ち点を比較し、ベスト2チームを選びます。 上のトルコの例をとるとグループ内の7位はカザフスタンで、トルコはそこに2勝してますので6チームでの勝ち点は 23-3x2=17 となります。

  2. それでも決まらない場合は、「フェアプレー」の度合いが参照されます。これは"disciplinary points"―「懲罰ポイント」とでも呼べばよいでしょうか―を算定するもので、内容はイエローカード1ポイント、レッドカード2ポイント、1試合の出場停止ごとに1ポイントととして合計の少ないチームが選ばれます。

  3. それでもまだ決まらない場合は、非情ながら「くじ引き」に委ねられます。
というわけで納得がいきました。(もしかして誤訳による誤解があるかもしれませんが)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。